顔認識マーケティングとは?

顔認識マーケティングとはどういった意味の言葉なんでしょうか?気になったので調べてみました。設置されたカメラから顧客の顔を認識し、そうして得られた情報をマーケティングに活用することを指すそうです。具体的には、顧客の性別や年齢等を分析し、どんなお客さんがいつどんな目的で訪ねてきているかを判断し、販売する物品の決定に役立てたり、新しい顧客とリピーター顧客を判断して、新規層とリピーターの購入物品傾向などを調べることが可能となるのです。顧客に直接コンタクトを撮ることなく、しかも自動で正確に分析が可能なため、マーケティングにおいては非常に有効な手段だといえるでしょう。さらに、表情や、注目時間、服の色等などより細かい情報を調べることが可能で、さらに詳しく顧客の傾向を知ることが出来るです。調べてみて感じたことは、私達の動向がお店側に常に筒抜けになっていると考えるとなんだか便利な反面、少し恐ろしい技術に思えますね。