映像制作ではプライバシーを大切にしましょう

ネットの普及に伴い、映像制作が随分身近な存在になりました。

ただし、気をつけておかなければいけないこともあります。

例えば、プライバシーへの配慮などはその分かりやすい例でしょう。何気なく他人を撮影するというのが問題になる事があるのです。もちろん遠くから風景の様な感じで撮影している分には大きな問題にはならないと思いますが、ズームで撮影したりすると後々問題になってしまう可能性があります。

それを防ぐためには予め本人に撮影許可を得るようにしておきましょう。ちょっと面倒に感じられるかも知れませんが、これはテレビ局の映像制作においても同じです。通行人をいきなり驚かせるようなドッキリカメラみたいなものは実際には存在していないのです。予め許可を得ているという事なんですね。

これらはマナーの範囲内で大抵の場合は理解されていると思いますが、何気なくやってしまいがちな行為でもあるので注意した上で映像制作を行う様に心がけてください。

You may also enjoy...